読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブリリアンス日本橋浜町五番館、それから。

また、東京駅の北東のはずれ、日本橋口に東海道新幹線を抱き込むような構造で、JR東海のビルを建て替える計画もあります。鉄砲町中央区)は江戸初期までは二」代田村と呼ばれていたが、幕府御用鉄砲師の胝宗八郎が、この地を拝領し、屋敷を設けたことによるとされ大伝馬町、小伝馬町(中央区)は慶長一一年(二(○六)に曲輪(城の周囲の囲い)内から移転し、大伝馬町の名主・馬込勘解山が道中伝馬役(荷物や書状輸送の人馬差出)を、小伝馬町の名主・宮辺又四郎が江戸府内の小伝馬役を、それぞれ命ぜられたことにちなむ。浮世小路の名は、浮世ござを商う店があったことからとも、昔ここに風呂屋があって、遊女などが多くいたためとも言う。大いに賑わう芝居町江戸の芝居小屋は、初め、堺町(中央区日本僑)に中付座が、地続きの4‐屋町(同区日本橋)に市村座が置かれ、大芝居町「二丁町」ができあがった。ブリリアンス日本橋浜町五番館はすばらしい。誰がこの景観から中の高密度な空間を想像できようか。町会長で佃住吉講の講元である藤間陽一郎氏を中心に、佃の町会が開発事業者、行政に働きかけて、古い島と高層住宅の間に奥行き五〇メートルほどの空地をとらせ、そこに中央区の公園が実現した。一方、明治期に傑出した財界人・渋沢栄一は、茅場町兜町付近の水運のよさに着口し、東京港を隅田川付近につくる計画とも併せて、この地を日本のビジネスセンターにすることを構想していた。鉄砲町中央区)は江戸初期までは二」代田村と呼ばれていたが、幕府御用鉄砲師の胝宗八郎が、この地を拝領し、屋敷を設けたことによるとされ大伝馬町、小伝馬町(中央区)は慶長一一年(二(○六)に曲輪(城の周囲の囲い)内から移転し、大伝馬町の名主・馬込勘解山が道中伝馬役(荷物や書状輸送の人馬差出)を、小伝馬町の名主・宮辺又四郎が江戸府内の小伝馬役を、それぞれ命ぜられたことにちなむ。