2014-03-04から1日間の記事一覧

りりしいトーシンフェニックス日本橋兜町壱番館

江戸初期は江戸城内で太鼓を鳴らして時刻を知らせていたが、寛永三年(一六二六)に本石町(中央区)三丁目に約二〇〇坪の地が与えられ、鐘楼を設けて鐘をつくようになった。一方、明治期に傑出した財界人・渋沢栄一は、茅場町や兜町付近の水運のよさに着口…